東京・立川市に工房を構えるルシアー青木薫氏が手掛ける"ANTAR"

その柔らかな音色や仕上げからはそこはかとなくヴィンテージ感が漂ってきており、昔ながらのウクレレの良さをうまく表現したブランドです。青木氏はこれまで長きにわたる楽器製作の現場で様々な材を保管・シーズニングしてきています。製作に際してはその一つ一つの材から感じ取ったインスピレーションを基にデザインを決めて製作に入るため、その材の組み合わせやインレイワークが一本一本微妙に仕様が違う場合が多く、非常に個性的なウクレレといえるでしょう。