SeilenUkulele

Seilen弦楽器工房 高橋信治 氏

1980年、19歳でエレキギター製作会社に入社して経験を積み、その後23歳で自身の工房を設立。それ以来弦楽器製作一筋に30年以上の経験を持つ弦楽器製作家 高橋信治。

2006年には、ウクレレの本場ハワイでの「Ukulele guild of Hawaii」主催の展示会「Ukulele Exhibition」で最優秀賞を獲得。NAMM Showなどでも高い国際的な評価を得ています。

そのプライベート工房から生み出される、オールハンドメイドの手工ウクレレブランド「Seilen」は、選び抜かれた様々な木材を使い、その木が持つ個性的な音色を最大限に生かして作られています。

過剰な装飾は避け、長い歴史を持つバイオリンなどの楽器がそうであるように、楽器としてのシンプルな美しさを追求しています。